きもの通信
2018年07月11日
大蔵出しの安さの秘密は“3日間限定”にあり
目利きの社長が、ビシッと査定!

「高く買って安く売る」がモットーのリサイクル着物専門店「着物屋いちろく」。

買い取りは、着物の製造、卸し、新品・古着の小売りに至るまで、ありとあらゆる知識と経験を持つ社長が直接訪問。「残すもの、手放すものをビシッと査定。タンスの中身のバランス調整もお任せください」と社長。出張・査定料ともに無料。

毎月27日~29日の大蔵出しは午前9時~午後6時開催。ギリギリまで安く売るため、自社ビルで3日間だけの販売にこだわり、コストを削減しています。実際に触れたり着心地を試せるのも、リアル店舗ならでは。「センスの良い着物選びのノウハウ教えます」と社長。

古着の知識や経験豊富な「一級着付け技能士」(厚生労働省認定)がアドバイス。
着付けも頼めます(要予約)。