きもの通信
2020年11月16日
不要な着物・帯・小物は、社長が行く「出張買い取り」に今すぐ電話
祖母や母の着物を
“今どきコーデ”でイメージチェンジ

毎月27日から29日までの3日間
リサイクル着物約4千点を販売

祖母や母から譲られた思い出の着物、若いころに仕立てた着物を着て、正月、親族を喜ばせませんか。そのキーワードは“今どきコーデ”

“売る・買う・預ける”ができる着物専門質店「安部質舗」の販売部門「着物屋いちろく」では、毎月27日から29日までの午前9時~午後6時に「大蔵出し」を開催。リサイクル着物約4千点を中心に帯、小物を一般販売する。原則セルフサービスで自由に試着。積極的な営業がなく買いやすい。

初心者には、着物の知識が豊富な熟練スタッフと、国家資格である1級着付け技能士の店長が選び方をサポート。プロならではの視点で、時代感が漂う着物を洗練させるテクニックも伝授する。現物か写真を持参すれば、足すべき引くべきアイテムが明確になる。相談だけでもOK。着付け予約も好評だ。

「出張買い取り」(出張料・査定料無料、要予約)は、必ず社長自らが無社名車で訪問。職人技ともいえる社長による査定は、迅速かつ丁寧。提示額に納得すれば、その場で現金化。断りやすさも好評価。「大蔵出し」の3日間は、店舗への持ち込み査定が可能。予約して確実に社長査定を受けよう。

着物を担保にお金を借りる「質預け」もあり。無審査で、期限内に貸付金と利息にあたる質料を返済すれば預けた品が戻る。

「出張買い取り・質預け」は安部質舗
 TEL 092(431)4178
 福岡市博多区住吉5の19の3
「大蔵出し」は着物屋いちろく
 TEL 092(471)9232