きもの通信
2016年09月14日
着物一筋60余年、続いてきたのはわけがある!
経験豊富な社長が必ず訪問

着物一筋六十余年のリサイクル着物専門店「着物屋いちろく」。恒例の大蔵出しは9月27日(火)~29日(木)午前9時~午後6時開催。

一生懸命高く買って、一生懸命安く売るのが信条。「仲介を入れず、直接買い入れた商品をすぐ並べることで”鮮度の高さ”と安さを実現。かつて自分の振袖を購入した方がお孫さんの振袖を見に来られたり。三代続くお客さまも多いです」と社長。

「買い取り」は必ず看板イラストの社長が訪問。豊富な経験と知識で素早く丁寧にその場で査定します。取っておいた方が良い着物は、手持ちの帯や小物とのコーディネートも提案してくれます。

平成になってあつらえたものは高額査定の可能性大。半幅帯など小物にも力を入れています。出張・査定料は無料。早めの予約を。