きもの通信
2019年04月15日

毎月27日から3日間
リサイクル着物約4千点を販売

「売って良かった、実店舗で買って良かった」の声が励みと言う、着物専門質店「安部質舗」(福岡市博多区住吉5の19の3)の3代目社長。創業から掲げる“正直印”のロゴマークを信条に、一生懸命な商売を継承。リサイクル着物の“売る・買う・預ける”を選べる店が、ネットで着物を買う時代にも支持されている。

不要な着物・帯・小物の「出張買い取り」(出張料・査定料無料、要予約)には、必ず名物社長が無社名車で訪問。経験と相場に基づく的確な査定で、価格の根拠も聞ける。納得したらその場で現金に。質預けなら融資が可能だ。

同社の販売部門「着物屋いちろく」(同所、提携駐車場あり)では、家庭から買い入れた着物など約4千点を一般販売。自社ビルで月3日間のみの開催で、人件費や経費をかけない分、顧客に還元。

次回は4月27日(土)から29日(月・祝)まで、各日午前9時~午後6時。密着営業がなく、マイペースで着物選びができる。古着の知識がないなら、選ぶこつが聞けるので、気軽に声掛けを。厚生労働省認可・1級着付け技能士の売れっ子店長が常駐。古着を取り入れたコーディネートの提案は、目からウロコ。着付け予約も可能。ゴールデンウィークの一日、レジャー気分でのぞいてみては。

「出張買い取り」は安部質舗
 TEL 092(431)4178
「大蔵出し」は着物屋いちろく
 TEL 092(471)9232

2019年03月06日

買い取りには、この道45年の社長が直接訪問。「タンスの着物は大切な財産。ご家族の構成などを踏まえ、残しておくべき着物はしっかり見極めます。私をどうぞ便利に使ってください」と社長。
残す着物のコーディネートもしてくれますよ。出張・査定料共に無料。

毎月27日~29日の大蔵出しは午前9時~午後6時開催。古着の知識や経験豊富な「一級着付け技能士」(厚生労働省認定)が、古着ならではの着こなしなどの相談も。着付けも頼めます(要予約)。

「実物を羽織れる楽しみ満載。自前の着物や帯を持参し、実際に合わせてみるお客様も。
〝着物上手〟になれる選び方もアドバイスします」

2019年02月18日

毎月27日から3日間
リサイクル着物約4千点を販売

大切な着物の買い取りを、後味の悪いものにはしたくない。着物専門質店「安部質舗」(福岡市博多区住吉5の19の3)は、リサイクル着物の“売る・買う・預ける”ができる店。不要な着物・帯・小物の「出張買い取り」(出張料・査定料無料、要予約)には、必ず3代目社長が無社名車で訪問。見立ての経験と知識を生かした鑑定に加え、丁寧さにも定評があり、リピーターが多い。査定額の根拠が聞け、納得したらその場で現金に。質預けなら融資が可能。遠方でも相談を。

同社の販売部門「着物屋いちろく」(同所、提携駐車場あり)では、家庭から仕入れた着物など約4千点を一般販売。自社ビルで月3日間のみの開催で、人件費や経費をかけない分、“びっくり価格”を実現している。買い物を楽しんでほしいと、密着営業はなし。初心者なら選び方のノウハウを伝授。客のニーズに寄り添う姿勢に、足しげく通う人が多いのも納得だ。

次回は2月27日(水)から3月1日(金)まで、各日午前9時~午後6時。リサイクル着物ならではの遊びを知る厚生労働省認可・1級着付け技能士の店長が常駐。斬新で乙なアレンジにファンが多い。卒業式には、ブームの“ママ振り”をベースに、旬のコーディネートの相談をしてみては。着付け予約も可能。

「出張買い取り」は安部質舗
 TEL 092(431)4178
「大蔵出し」は着物屋いちろく
 TEL 092(471)9232

2019年01月16日

自社ビル、自社仕入れで流通コストを徹底的に削減。「できるだけ高く買い、できるだけ安く売る」のがモットーのリサイクル着物専門店「着物屋いちろく」。

毎月27日~29日の大蔵出しは午前9時~午後6時開催。「気軽に入れて出やすいお店。着付けを始める人向けに小物も豊富に揃えています」と社長。古着のコーディネートが得意な「一級着付け技能士」(厚生労働省認定)がアドバイス。着付けも頼めます(要予約)

買い取りは知識と経験豊富な社長が直接訪問。目の前で迅速に査定し、値付けの疑問にも明快に答えてくれます。社名が書いていない車で訪問するなど、細やかな配慮もリピーター多数の理由。

「思い入れに寄り添って、丁寧な扱いと査定を心に決めています」と社長。出張、査定料無料。